グローバルオプションを設定する

Local Services:Global Options」(ローカルサービス: グローバルオプション) ページでは、管理者のメール設定、SMTP ホストとポート設定、隔離シークレット設定を変更できます。これらの設定は /opt/pmx/etc/pmx.conf に保存されます。

これらのグローバルオプションを変更するには

  1. Administrative Mail Settings」(管理メール設定) および「Quarantine Options」(隔離オプション) のテキストボックスを使用に応じて変更します。

    以下のテキストボックスが表示されます。

    • Administrator Name」(管理者名):PureMessage で生成されるメッセージの From ヘッダーで使用される PureMessage の管理者名を指定します。例: PureMessage Admin
    • Administrator Email」(管理者メール):PureMessage によって生成されたメッセージの From ヘッダーの「Administrator Name」(管理者名) に追加されている PureMessage 管理者のメールアドレスを指定します。例: PureMessage Admin [PureMessageAdmin@foo.com]
    • Mail Server (SMTP) Host」(メールサーバー (SMTP) ホスト):再送するメッセージが送られるサーバーを指定します。たとえば、隔離ディレクトリからメッセージが取り出された場合、メッセージはこのサーバーに転送されます。値は通常 smtp:<ホスト名> の書式で指定されます (例: smtp:mail.foo.com)。
    • Mail Server (SMTP) Port」(メールサーバー (SMTP) ポート):上記で指定したサーバー上のポートを指定します (通常は、"25")。
    • Quarantine Secret」(隔離シークレット):メッセージが隔離ディレクトリから取り出された場合、「隔離シークレット」の値を追加した X-PMX-Quarantine-Approved ヘッダーがメッセージに追加されます。PureMessage の Milter がこのヘッダーを見つけると内容を検証し、照合が確認されるとヘッダーは削除されて、メッセージはフィルタリングされずに配信されます。デフォルトの設定はないため、PureMessage のインストール時に各サイトごとに独自に設定できます。
      適切なヘッダーとこのキーの書式を持ったメールは PureMessage では処理されないため、この値を開示しないようにすることが重要です。
  2. 変更を実行後、「Save」(保存) をクリックします。